読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者による社会保障のブログ

ニュースで見るけど難しくてよく分からない社会保障を少しだけ噛み砕いていくブログです。若者目線で綴っていきます。

最近話題になっている年金制度改革案

 最近よくニュースになってる年金法案。今、国会で審議されています。国会は年明けからの通常国会と、秋頃から冬にかけて開かれる臨時国会という2つの構成になっていますが、年金法案はまさに、冬の陣。臨時国会で議論されているところです。

 

 今年の臨時国会は、TPPでもめていたりして、今月の14日までになっていますが、無事に成立するかが気になりますね。衆議院は通過(これもかなりもめていましたが・・)しましたが、参議院で議論中というところです。

 

 さて、おおもめにもめている法案ですが、果たしてどのような内容なのでしょうか。簡単にですが、その内容について本ブログでも触れてみたいと思います。

 

 そもそも、年金制度の今の仕組みについて簡単に説明してみたいと思います。

 

 年金制度は現役世代から保険料を集め、高齢者に配るという構造になっています。ここで大事な事は、今の日本の年金制度は、

①高齢者に配る年金額がこれくらい必要でだから、若い人からこれくらい保険料を集めよう、ということになっているのではなく、

②若い人から集まる保険料はこれくらいだから、高齢者に配るのはこれくらいにしよう、、という制度になっていることです。

 

 すなわち、高齢者が増えれば増えるほど、無尽蔵に現役世代が払わないといけない保険料が上がるのではありません。

 若い人から集める保険料をあらかじめ固定しておいて、その集まった額で高齢者の年金を賄うという制度になっています。配るお金がなければ、当然、年金額は減りますよ、ということです。

 

 さて、その保険料ですが、毎年保険料率が0.35%くらい引き上げられており、平成29年度以降は18.3%に固定されることになっております。そのため、この集まった原資で高齢者の年金を賄っていく必要があるのですね。そして、今後100年間の収支を均衡させることになっています。

  ちなみに厚生年金保険料は労使折半ですのえ、実際に私たちが払っているのは、9%くらいですね。

 

 さて、高齢者がもらえる年金については、基本的には賃金や物価の上がり幅に応じてもらえる額が上下することになっています。

 ただし、上記のとおり、年金保険料で入ってくる額が固定されてしまうと、当然それに影響を受けることになりますね。

 例えば、

 ① 現役世代の人口の減少(保険料の納める人が減る)

 ② 高齢者の平均寿命の延び(年金を分け合う人が増える)

が起きると、当然、もらえる年金額が下がってくるわけです。この下がる部分について、マクロ経済スライドといいます。

 

 さて、今回の法案ですが、そのマクロ経済スライドに手を付けよう、というのがその一つの内容です。

 

 年金については、①まず物価や賃金にスライド、②さらにマクロ経済スライドでスライド、というルールになっていますが、実は、物価が下がっている時期にマクロ経済スライドを発動させると、年金の減額にダブルパンチになってしまうので、そういうときは②のマクロ経済スライドを「発動しない」というルールがあります。

 

 それなので、昨今のデフレ下の状況でマクロ経済スライドが発動されてこなかったのですね。

 

 それに対して、今回の法案の改正内容の一つがは、マクロ経済スライドのキャリーオーバー制です。デフレ下で発動しなかったマクロ経済スライド、その分について、物価がたくさん上がった時に、持ち越して発動させよう!というものです。

 

 というか、マクロ経済スライドが十分に発動しないとどうなるのでしょうか。一言でいうと今の高齢者がもらいすぎてしまうので、将来の高齢者がもらえる年金額が減ります。これは100年間で収支均衡ということですので、そりゃそうですね。

 そのため、将来にわたって年金制度を維持していくためには、今回の法案は必要な喪なのではないかな、と思います。

 

 法案の内容はこれだけではありませんが本日はこの程度で・・