読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者による社会保障のブログ

ニュースで見るけど難しくてよく分からない社会保障を少しだけ噛み砕いていくブログです。若者目線で綴っていきます。

75歳までが若者。いつかはそんな時代がくるかも

最近ちまたをにぎあわせていたニュースに、今、65歳以上となっている高齢者の定義を見直してはどうか!、、、というニュースがありましたね。

 

日本老年医学会という団体が以下のように定義を改めてはどうか、という提案しているそうです。

https://jpn-geriat-soc.or.jp/proposal/pdf/definition_01.pdf

 

65~75歳 准高齢者

75~90歳 高齢者

90歳~   超高齢者

 

今は、高齢者の定義としては、一般には、以下のとおりになっています。

 

65歳~75歳  前期高齢者

75歳~     後期高齢者

 

年金がもらえるようになるのは、65歳から、また、介護保険のサービスが広く受けられるようになるのは、65歳から・・・

など、今の社会保障制度はこの65歳以上という高齢者の定義を前提として仕組まれています。

 

後期高齢者」、というネーミングは、2008年に医療保険の大きな制度改正が行われた際に話題になりました。

医療保険の制度の枠組みとして、後期高齢者医療制度というものをつくったのですが、この「後期」というワーディングがネガティブなイメージがあり、また、負担が増えてしまうという人ことも相まって大騒ぎになったそうです。

なのでこの制度のことを、たまに「長寿」医療制度、とかいう人がいるのもこの名残な気がします。

 

さて、65歳は若い、ということについては、確かに。と個人的には思っています。しょうもないと思うかもしれませんが、65歳以上の有名人をググってみましたら、以下のようにヒットしました。

 

桃井かおりさん  65歳

ビートたけしさん 70歳

麻生太郎さん 76歳

黒柳徹子さん 83歳

 

なかなか第一線で活躍されている方も沢山いるんですよね(勿論健康に気を遣っていると思いますが・・・)

 

日本の平均寿命は、男性は80歳くらい、女性は85歳くらいですが、健康寿命という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

これは、「健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間」ということが定義となるそうですが、男性は71歳、女性は76歳だというそうです。そのため、65歳くらいだとやはり健康な人はやはり多いのではと思います。

 

また、一人当たりの医療費については、

65~70歳 年間45万円

75~80歳 年間80万円

1人当たりですので、結構な差がありますね。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/nenrei_h26.pdf

 

また、要介護認定率(これは、介護が必要だと認められる割合です)についてですが、

65~70歳 2%

75~80歳 14%

80~85歳 30%

・・・意外と認定率って低いんですね。

 

やはり、「高齢者」といっても、そのグラデーションというのは確かにあって、これを見直そう、という提案は分からなくもないと考えます。

 

例えば、年金というのは、なんの保障かというと、老後の所得保障のためのものですよね。

すなわち、「思いのほか、長く生きてしまった!」という保険事故が起きた時に、支給するようなものなので、そもそも、65歳以上生きることが当たり前の時代に、この基準の在り方をどうするか、というのは議論としてはあり得るのではないかと思います。

 

もちろん、受給権が絡むので非常に困難なものかと思います。最近、物価が下がったため、それに自動的にスライドする形で、年金の額が少し0.1%下がったというニュースがありましたよね。それも結構なニュースになっていたことですし、年金というのは注目を集め、政治問題化しやすい傾向があると思います。

 

これから生産年齢人口が減っていくことが明確な中、高齢者の定義や線引きをどうするか。。というのは簡単な問題ではないですが、将来的にはこの議論は避けられないのではないかと思います。