読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者による社会保障のブログ

ニュースで見るけど難しくてよく分からない社会保障を少しだけ噛み砕いていくブログです。若者目線で綴っていきます。

こども保険について考えてみた

最近のニュースで、「こども保険」をつくってはどうか?というものを聞きました。

これまた、以前ブログ記事(小泉進次郎議員の提言、健康ゴールド免許の可能性 - 若者による社会保障のブログ)にしましたが、小泉進次郎さんを中心とした会合からの提言らしいです。

 

少子高齢化が進展する中、これからを担う若い世代への支援ということで打ち出された「こども保険」について、少し真面目に考えてみたいなと思います。

 

まず、提案されている、こども保険とはいかなるものでしょうか。

(原文はこちら)

fumiaki-kobayashi.jp

 

簡単にポイントをまとめると、以下のような感じです。

 

・年金とか医療の保険料に少しだけ上乗せして(月々160円くらい)保険料を確保

・そしたら財源規模は3400億円。それで就学前の児童全員に月々5000円支給!さらには待機児童解消にもつなげる。

・さらに医療や介護の費用を抑え、その分こども保険の保険料に回せば、1.7兆円の規模になる。そうしたら月々2.5万円を支給できる!保育園や幼稚園の平均的な費用は1~3万円くらいなので実質的に無償化。

 

結構、最近知り合いからよく保育園に入れないとか聞きますし、訳もわけらず毎月結構な額の保険料が年金とかに取られる身としては、なかなかいい提案なのではないかと思います。

 

ここで、少し「こども保険」について少し真面目に考えてみたいと思います。

 

みなさん、まず「保険」とはどのようなものか少し考えてみてください。

保険というのは、何か困った時に備えて、予めみんなで保険料を納めておいて、リスクをシェアしておこう、という仕組みですよね。

 

それでは、「こども保険」というのは何のリスクに備えるのでしょうか。

 

① こどもが出来ると保育料が沢山かかって生活費が苦しくなるリスク

② こどもが出来ても保育園に入れなくて職場に戻れなくなるリスク

 

というのが考えられますね。

 

さて、上記のリスクに備える「こども保険」ですが、誰が保険料を払うのでしょうか。

 

保険料は「こんなことが自分の身に起きたら困るなぁ」という人が予め皆で払っておくものですね。そのため、上記のリスクを抱えている人が払うことになります。

 

高齢者はどうでしょう。高齢者はこどもを持つことがあまりなさそうなので、保険料は支払う必要はなさそうですね。

 

次に、若い世代。結婚した新婚夫婦とかであればリスクはありますよね。なので保険料を払う必要があります。

 

では、「俺は生涯独身を貫いて絶対こどもを持つことなんてないぞ!」と強い覚悟がある人はどうでしょうか。この人が少額とはいえ保険料を支払う必要があるのでしょうか。 

ちょっと悩ましいのですが、

「あなた、今そう言っていますけど、本当に好きな人が出来て、子どもをもちたくなるかもしれませんよ。明日運命の人と出会うかもしれませんよ。明日運命の人が現れることが絶対ないと言い切れるんですか!!」

と言えば、しぶしぶですが、何とか保険料を払ってくれる気がします。

 

では、身体的な理由で、子どもを持てない人はどうでしょうか。

こういう人はこどもを持つというリスクはないので保険料を払う必要はないですよね。本当はこどもが欲しいのに・・という人から更に保険料までとったらダブルパンチな気がします。

 

-------------------------------- 

さて、今までのことを踏まえると、こども保険は以下のような制度設計になるのかなと思います。

 

・保険料を支払うのはこどもを持つ可能性がある世代。(20~50歳くらい?)

高齢者は参加しない。

・身体的な理由で子どもを持てないひとは参加しない。

 

ここで、子どもが少ないと社会全体の活力がなくなる。そのため高齢者にも保険料を求めよ!という指摘もあるかと思います。

ですが、やはり自分個人が子どもをもって給付が支給されない確率があまりにも低いとさすがに保険料を支払う気がしませんよね、なので難しいと思います。

 

----------

さて長くなってきましたので、こども保険の課題について触れて終わりたいと思います。

 

私が課題であると思うのは、ずばり、保険料の未納です。

 

例えば20歳から50歳の人に保険料を納めてもらうこととした場合、40歳くらいの人はもしかしたら「もう俺子ども持つ予定もないから保険料納めるのやめよう」と思うかもしれません。

 

保険料未納者の発生です。

 

そんなやつは放っておきたいのですが、実は放っておけません。

逆選択」という言葉を知っていますか?経済学で出てくる話ですよね。

 

経済学ではレモン市場の話という例があります。

レモンというのは質の悪い中古車のことを言います。

 

例え話ですが、中古車市場の中には、しっかり動く車とレモンがあるとしましょう。

 

そこで車がレモンか否かを知ることができない買い手がくるとします。

⇒買い手は一定確率でレモンがあることを知っているので、しっかり動く車の適正価格より低い額の価格を売り手に提示します。

⇒しっかり動く車を売ろうとしている人は、適正価格より安価では売りたくないので、市場から撤退します。

⇒その結果、市場にはレモンしか残らない、というわけです。

 

保険制度も一緒で、仮に保険料を納めないという人を無視してしまうと、以下のようなことが起こります。

40歳くらいの一部の人が保険料を納めなくなる

⇒ 抜けた人の分の保険料が足りなくなるので、他の人の保険料が上がる

⇒ 保険料が高くなって、保険料を納めなくなる人が増える

⇒ 以下、繰り返し。最後はハイリスク者しかいなくなり保険料も高騰する・・。

 

なのでこれを避けるためには、絶対に保険料を納めてもらう必要があるわけです。

 

「こども保険」って特に50歳とかになると保険料を納めるインセンティブが低くなりますよね。

そのため、ペナルティを設けて

・保険料を払わなかった分だけ将来年金がもらえなくする、

・罰金を払わせる

とかする必要があるのではないかと思います。

 

ちなみに介護保険では保険料の未納の期間があれば、その期間分、保険の給付のクオリティを落とすというペナルティを設けていますよ。

 

また、今まで触れてきませんでしたが、正直「こどもを持つこと」を保険事故とするのは少し無理がある気がします。

 

保険事故は、病気・けが・介護など偶然起こるものですよね。

他にも火事や地震保険というのも想像してみてください。

 

そうすると、やっぱりこどもを持つことって保険事故っぽくないんですよね。

多くの人は子どもが欲しいという意志をもって子どもを持つはずですよね。

 

保険というものは将来何が起こるか分からないリスクに備えるものなのですが、「子どもを持つこと」って、やっぱり個々人の意思に基づくもので、予見可能性があるので、やはり、「こども保険」は保険制度になじまないのかなぁと思います。

 

-----------------------

小泉進次郎さんらの問題意識は、税か保険の財源調達能力は、日本では保険の方が高く、消費税の引き上げも延期になって、財源のあてにならないから、保険という概念を持ち込んでみたらどうか、というご提案だったかと思います。

 

保険制度の筋からいくとやっぱり「こども保険」というのは難しいのかな、と思うのですが、問題意識は分かるのでなんとかならんかなぁと思ってしまいますよね。

 

以前、介護保険でも同様の話をしたことがあるので、お時間がある方は是非こちらの記事もチェックしてみてください。

 

ginoway.hatenadiary.jp